いつも快晴無風がいいね

出かけるときはいつも晴れ、そして無風であってほしい・・・

激走!富士登山競走2012その2

2012年8月2日(木)
今回僕はサイクルジャージとレーパンに指切りグローブ、そして頭にはヘルメットという、シューズだけ履き替えれば自転車に乗れる格好で走りました。

最初はジャージのバックポケットが使いやすそうなのでジャージだけのつもりでしたが、どうせならヘルメットもかぶったほうがかっこいいかなということで自転車乗りの格好と相成りました。

動物やキャラクターの着ぐるみや、派手なかぶりものをしたいわゆる仮装ランナーをマラソン大会でよく見かけますが、富士登山競走ではその過酷さ故かあまり見かけません。

ヘタに仮装をして関門アウトにでもなってしまうと、単なる目立ちたがり屋になってしまいますからね。

なので仮装をするからには、ある程度の実力と余裕が必要です。

毎年、富士山の形をした大きな帽子ををかぶって参加している方がいるのですが、その方もかなり速いです。

僕の格好も富士山の帽子ほどではありませんがそれなりに目立つので、恥ずかしい走りはできません。

というわけで、いつも以上にプレッシャーを課してしまった今回の富士登山競走。

自然と練習にも気合いが入っていたためか、その成果は後半になって現れてきたのできたのでした。

それでは、後半の記録です。

【五合目関門 → 八合目関門】
五合目の給水所で一息ついたので、さらにペースを上げて登ります。

s-DSC06235.jpg
最後のブッシュ区間を抜け、遙か上まで見渡せるようになると、いよいよ本格的な富士登山がやってきます。

さあ、ここからが本番!

このころになると五合目駐車場からの一般登山者と合流するので、前を行く登山者を抜かすのに苦労する場面が多くなります。

登山道を規制しているわけでもないので、なるべく迷惑にならないよう横をすり抜けながら登っていきます。

人は自然と段差や勾配の少ない楽なコース取りをするので、そこに登山者が集中します。

するとそれを避けるためにどうしても大きな段差を登ったりしなければならず、脚力を消耗します。

次から次と追い越していくランナーに圧倒されて動けなくなっている登山者もいて、気の毒な感じもします。

僕の感じでは、コース上にいる登山者は年々増えているような気がするので、やがては規制するなどの何らかの対策が必要となるかもしれないです。

七合目を過ぎて現れる岩場も同じで、登山者が前を塞いで進めなくなることもあって、苦労しました。

s-DSC06236.jpg
延々と続く八合目もやっと終わり、八合目関門です。

ここで「がんばれば4時間切れますよ~・・」の声が耳に・・

このころになると時計は見ても頭が働かずに計算ができなくなっているので、えっそうなの!って感じで4時間切りの可能性を初めて知りました。

【八合目関門 → 山頂ゴール】
4時間切り達成の可能性を知り、もうこうなったら頑張るしかありません。

完走ペースから一気にペースアップです。

険しい岩場を、全身を使ってよじ登ります。

でも上を見上げると、ゴールはなかなか近づいてきません。

心臓の鼓動はドカンドカンとレッドゾーンに入りっぱなしです。

苦しそうにあえぐ呼吸に、登山者ががんばれーと声をかけてくれます。

もう上を見る余裕など無く、ひたすら目の前の岩にとりつきます。

このときふと今までの練習の苦労が思い出され、思わずこみ上げてきました。

そして一気にゴール前の階段を駆け上がり、ゴールに飛び込みます。

時計を見ると3時間51分!

やったあああ!・・4時間切り達成です。

【山頂】
s-DSC06246.jpg
早速500円のコーラを買って、ひとりで乾杯。

今回は給水所でたくさん飲んできたせいかそんなにのどが渇いてなくてあまりうまいと感じなかったけど、気持ち的には最高です。

s-DSC06245.jpg
こんなところにも自動販売機が・・

缶ジュースは400円。

ここまで来た苦労を考えると、決して高いとは思えないのが何とも言えません(^^;)

s-DSC06237.jpg
ゴールしたランナーでごった返します。

今までの苦労も忘れて、皆さん楽しそうです。

s-DSC06248.jpg
相変わらず素晴らしい眺め。

下の方にはまだまだ山頂を目指すランナーが途切れることなく続いています。

s-DSC06249.jpg
どや顔で自撮りしてみたりしてるうちにいつものごとく頭痛がしてきたので、とっとと下山します。

あと少しですが、長くなったのでこのあたりで切ります。

その3に続きます。


スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/08/02(木) 22:47:29|
  2. 富士登山競走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<激走!富士登山競走2012その3 | ホーム | 激走!富士登山競走2012その1>>

コメント

その2有難うございます^^

正装のバックポケットはいかがでしたでしょうか?
登山競争でもおk?

登山道の様子がよく分かりますねー^^
登山者の人数って結構多いのですね。
元大学ランナーに富士登山競争の話をしましたら、「好きな人は、どんどん限りなく刺激を求めるもんなんですよ^^」とのコメントがありました^^;

しかしながらやはり、練習なのですね。

500円のコーラ高くないですよね。この標高では^^
立派な自販機もあってビックリです。

その3下さい^^
  1. 2012/08/02(木) 23:38:12 |
  2. URL |
  3. カンベンディッシュです。 #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしい!

こんにちは。
確かに目立つカッコで走るのは、練習して自信がないとできませんもんね。
4時間切の可能性が残されたから、モチベーション持続できたんでしょうね。
苦しかった時の心拍は最大値まで入ったんじゃないでしょうか!ほんとに自分との戦いだったんですね。
素晴らしい景色がスカイブルーさんを象徴しています。
困難を乗り越えた人だけ分かる達成感!!
スカイブルーさんはカッコイイです!
  1. 2012/08/03(金) 14:56:06 |
  2. URL |
  3. ビーカブ #-
  4. [ 編集 ]

思い出していかがでしたか

こんばんわ。過酷にてやりがいのある富士山マラソンでしたね。今回お天気に恵まれて大変良かったと思います。達成感がたまらなく快感だったでしょう。
ご無事で何よりでした。 
来年はここイッパツスヌーピーの帽子で参加はいかがですか、、(^^;;; クールなブルーさんは、、
、、やっぱりダメかな、、、(^^)
  1. 2012/08/03(金) 19:54:30 |
  2. URL |
  3. かんだ丸 #-
  4. [ 編集 ]

カンベンディッシュさんへ

こんばんは。
バックポケットはおkでしたよ。
心配だったのはボトルの重さで後ろに引っ張られることでしたが、序盤のラン区間は水を少ししか入れなかったので大丈夫でした。
登山区間はほとんどジョギングペースか早歩き程度なので水を満たしても気になりませんでした。
でもスピードを出すマラソンではボトルなど重い物を入れるのは厳しいかも。
補給食とか小物を入れる分には全然おkです(^_^)v
刺激を求める人・・
次なる刺激は、ウルトラマラソンでしょうか(^^;)
  1. 2012/08/03(金) 22:05:39 |
  2. URL |
  3. スカイブルー #-
  4. [ 編集 ]

ビーカブさんへ

こんばんは。
富士登山競走は関門が厳しいので、ふざけて気を抜くとアウトになってしまうので危ないですね。
恥ずかしいことにならないでよかったです(^_^)v
心臓の鼓動は自分でもびっくりするくらい響いてました。
これでは心疾患でもあったら止まってしまうんじゃないかと思いました。
山頂に到達したときの達成感は最高で、今までの苦労が全て吹き飛んでしまいます。
でもストイックな生活が長引くと疲れるし、ストレスも溜まってきますので程々に楽しむのがいいのかもしれませんね。
もう無理がきかなくなってくる年ですからね(^^;)

  1. 2012/08/03(金) 22:21:23 |
  2. URL |
  3. スカイブルー #-
  4. [ 編集 ]

かんだ丸さんへ

こんばんは。
今回は調子が凄く良くて記録達成できたので、その達成感も最高でした。
練習も今まで以上に頑張ったので、その成果が発揮できて良かったです。
もうあのような素晴らしい好条件は無いかもしれません。
スヌーピーの帽子もいいですが、どうせやるなら全身着ぐるみかな。
ただしもっと練習を積まないと、完走は厳しいです。
もうこれからは記録更新は難しいので、派手な仮装をして記録ではなく記憶を残すのもいいですね(^^;)
  1. 2012/08/03(金) 22:30:05 |
  2. URL |
  3. スカイブルー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://34skyblue.blog13.fc2.com/tb.php/449-5f263ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かじ

Author:かじ
1960年生まれ
ロードバイク
アンパチ号
2013 ANCHOR RL8
2010 ANCHOR RFX8 ELITE
クロスバイク
トレック号
2009 TREK 7.6FX

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

自転車 (290)
ロングライド (81)
ブルベ (72)
白石峠 (18)
写真 (35)
プラモデル (93)
マラソン (17)
日常的なこと (87)
チョビ (25)
釣り (4)
富士登山競走 (41)
物欲リスト (3)
荒サイのマラソン大会 (8)
レヴォーグ (12)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム